Gimnadium Days

Your trembling hands have become my gentle blindfolds.

君がいれば世界

f:id:didirion115:20181202165327j:plain

ディディ・1歳8か月・男の子(去勢しちゃったけど)。

悪戯ばっかりしている子です(^-^;
かわいいんですけど、時々憎たらしい。
それでも、世界は彼を中心に回っているので、仕方なしとしています。

2017年9月2日に引き取った保護猫です。

子猫で保護主が見つけた時は路肩にうずくまっていて、慌てて病院に連れて行ったところ、骨盤骨折をしていたそうです。
多分、車に撥ねられたんだろうとのことでした。
1ヶ月入院して、奇跡的な回復をして跳ね回るほど元気になったところで、我が家に来ました。
身体が小さくて、どうなるかと思いましたが、全然元気、今はもう立派な大人の体型です。

 

そんな彼のマイブーム。

f:id:didirion115:20181202171200j:plain

布団もぐもぐの術。

今もやってますけど、私の羽布団に頭までもぐり、うとうとしてたかと思うと爆睡するのが楽しいらしいです。
確かに布団にもぐるのは楽しい。うん(笑)

 

ディディって名前は、フランス人の男性名前名鑑で見つけました。
「ペットのおうち」っていう里親探しサイトを通じて来たんですけど、そこに掲載されていた写真を見て、この名前にしました。
そうそう。サイトの写真キャプションには「美人の女の子」って紹介されてたんです。
それが家に来る直前に保護主から「すみませんっ、男の子でした!」ってメールが来て、でももう引き取る気満々だったので、「どっちでもいいです(笑)」と返答したのもいい思い出です。
そこから名前探しが振出しに戻って、引き取るギリギリにディディって名前をつけました。
それまでは、マチルダとかニコルとか女の子の名前をいろいろ探してたんですよね。
でももう今では、ディディ以外考えられないなーと。

 

昨年のクリスマスは、奮発して猫用クリスマスケーキを用意したんですけど見向きもされなかったので(泣)、今年はモンプチのいいのでもあげようかなと考えています。
普段は、朝はピュリナワン、夜はフィリックスのシリーズを日替わりで食べています。
どっちにしても、贅沢させてます(笑)
ピュリナワンの前は、ドイツメーカーのフードを与えていたんですけど、突然残すようになって、ついには半分以上残すので、病気じゃないならフードを替えるかと今のものを猫友達から教えられ、選択しました。
初めての猫飼いなのも手伝ってできるだけいいものをと、全世界のグレインフリー・グルテンフリーのフードを探しに探して7~8種類はフードジプシーをして与えていたのに、その努力はあんまり報われなかったみたいです。
ま、好きなものを食べてくれればいいので文句はないんですけど、ドイツ製のフード、まだ結構残っているんですよね(^-^;
捨てるに忍びないので、野良ちゃんが来たらあげようかなと思っていたんですけど、最近野良ネコをあまり見かけなくなっていて、やはりゴミ箱行きかと諦めの境地です。
年末の最後のゴミ出しの日に捨ててしまおうかな。
ピュリナワンは美味しいみたいです。
食べっぷりが違う。ガツガツ食べます。
ネコってほとんど噛まないで呑み込んじゃうので、喉に詰まらせないかと思ってしまうほどです。

 

すっかり寝静まりました。
私も横に寝て、本でも読もうと思います。
それでは。

 

ミニマリストへの険しい道のり。

f:id:didirion115:20181128112135j:plain

 

思うままに書きたいことを書く、そんな場所が欲しくてここを立ち上げました。

私は今、ネコと2人暮らしです。

部屋は物であふれています。

これから、もう少し物のない部屋で暮らしたいと思っています。

ただ、私は好きなアーティストがいるのですが、その人たちのグッズが出ると、投網を広げてすべて掻っ攫う勢いで手に入れてしまうので、物は減るどころか増える一方です。

地道にメルカリなどを使って、少しずつでもその辺りも整理できたらと思っています。

そして私の部屋で一番幅を利かせているのは、書籍群です。

まさに書籍の群れ、壁面収納の本棚からあふれたものが、机の上にタワーを作り、机はその役目をせず、隙間をネコが遊びながら歩いています。

この本たちを手放すことには躊躇があります。

私は活字中毒なんです。

興味を惹かれた書籍は必ず購入し、読破せずにはいられません。

あ、紙派です。電子書籍は読みません。

なので、余計嵩張っています。

こうしてパソコンを打っているディスプレイの前にも、本が積み重なっている始末です。

でも、悪いばかりではありません。

本の山のなかで暮らしているのは、私には居心地が良いのです。

本が好きです。

鬱を17年ほど患っていますが、それが原因で活字を全く追えなくなってしまったことがありました。

何よりつらい時期でした。

本は変わらずあるのに、一切受けつけなくなってしまったからです。

その時期は、本を購入することもありませんでした。

今は再び活字を追えるだけの気力が戻り、そのおかげで部屋は新たな本であふれています。

なので、断捨離は洋服やドール、そんなところから始めたいと思っています。

ミニマリストの部屋にはなり得ないかもしれませんが、住み心地の良い部屋を作っていけたらと思っています。

道は険しそうです(^-^;